12日目 マイナス300円 注力銘柄決定

いつものように寄り付きで株価をチェックしていて、アラートをボリンジャーバンドの−3σに設定して、エントリータイミングを待つ。KLubが下がってきたので注意してエントリータイミングを伺う。

MACDはゴールデンクロスになってはいないものの、ボリンジャーバンド−3σから陽線2本で上昇して、RCIが上向きだったので、1053円でエントリーしたが思いのほかうまく上がっていかないので、またしてもビビって2分後の1054円で利確して100円プラス

しかし、その後、どんどん上がっていくので、1062円で再エントリーするも、次の5分で陰線で下がり出したので、ビビってまた、マイナス400円で損切り。タイミングが最悪。どちらもビビってまったく利益を得られず、100株でエントリーする時の明確なルールが必要だとこころに誓う。

一番ベストなタイミングは1050円で入って、1065円で利確する。基本は15円の利確で、強い時はもう少し粘るような値動きの微妙なタイミングの判断ができないとダメ。

金曜日のよかったことが、ボラティリティ のある注力銘柄を決められたこと。毎日100円近く動く銘柄の15円の値動きを確実にまずは100株で勝率8割でできるようになること。1500円からスタートだが、できるようになったら株数を増やすだけ。そのためにはウオッチ銘柄は板読みで2000株くらいは成行ですぐに約定できるティック数の銘柄が好ましいので、対象銘柄は絞ることができた。

コメント